phantom pillow SPIRITS

くるしゅうなぃ~~~。よきにはからぇ~~~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

感謝

誕生日でした(過去形)

気づけば22歳です
思えば遠くへ来たもんだ

きつくて忙しくって胃が痛いながらも、今日はそれなりに楽しませてもらいました

特にネットの某所では、盛大に祝ってもらえました
祝ってくれた某所の皆はこのブログのことを知らないだろうけど、最大限の感謝の意を込めて……
どうか彼らに、祝ってもらえて嬉しかったオイラと同じように、幸せが訪れますように

幸あれ
スポンサーサイト
  1. 2007/04/16(月) 01:40:32|
  2. 日々平穏、こともありやなしや|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

「一心同体だ-!!」

1175099586602.jpg


アニメ『武装錬金』最終回でした。

原作から大好きだった。
打ち切られたときは悲しかった。
アニメ化の話を聞いたときは嘘じゃないかと思った。
本当にちゃんとアニメに出来るのかと不安になった。
でも、実際に放映が始まって、そんな不安は吹き飛びました。
本当によくぞここまで原作を生かしたアニメにしてくれました。
一武装錬金ファンとして、とてもとても嬉しい。
最終回も、素晴らしかった。
本当に、素晴らしかった。
OPにも本編にもEDにも、最後まで心奪われていました。
いい意味でやってくれたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
だから、こちらこそ言わせてください。

心から。
ありがとう。


DVD、全巻、買います。
  1. 2007/03/29(木) 01:41:06|
  2. 感想三昧|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

■ 『か』ではなく『う』。

先日の日記は実に斬新な手法であったと自画自賛している。
おそらく日本……いや、世界ブログ史上――否。
人類日記史上初ともいえる完全コピペ日記を敢行してみた。
かなり奇抜な試みに西岸地方ではバタフライが舞った(意味不明)。
メタ的なネタである。この属性を僕はメネタ系と呼んでいる。
そこはかとなく、蛙の体内を駆け巡る波紋の音をイメージしてみた。無論、後付け設定である。

などと書いたところでそろそろ厳しくなってきたよーなので、こんばんは、紺野です。
先日の日記はかつて無いほどの読者様の白けっぷりに、逆にネタだったんだよー、とか言い辛くなってしまいました(汗)
脅かしてやろうと思い、妹の風呂を覗きに行ったら実はおとんだった、的な気まずさ全開(意味不明)。
ちゃうねん、おとん! シャンプが切れてたから取り替えよう思ってん!
咄嗟の言い訳で逆に傷口を広げる結果になるとも知れず若さとは罪な物よ……(だから意味が分からねえよ)。

それはさておき、本日は昨夜夜遅くまで『化物語 上』を読んでいて(中々読み終わらなかったぜっ!)起きたのは正午少し前。
テキトーにコーヒーを飲み、服を着替え、身だしなみを整えてから自由が丘へ『化物語 下』を買いに行きました(爆)
青山ブックセンタを覗いたら、生憎と置いておらず代わりに『DDD』が置いてあったので、二冊目を思わず買ってしまうところだったぜっ!(意味不明)
いや、買わなかったけどね(汗)
仕方なく、もう一件の本屋。
ブックファーストを覗いたら、生憎と置いておらず代わりに『DDD』が置いてあったので、二冊目を思わず買ってしまうところだったぜっ!(意味不明なテンドン)
いや、買わなかったけどね(汗)
でも講談社BOXで『密閉教室』が出ていたのでそれは本気で買ってしまいそうだった(爆)
まぁ、持ち合わせも無かったし我慢しましたが。
さて、自由が丘には置いていない。このまま帰っても、蕩れ分が圧倒的に足りずに禁断症状の末、喉を掻きむしって死んでしまう可能性もあったので、半ば衝動的にそのまま東横線に乗り込み、渋谷を目指す。
某巨大本屋ビルの一角で無事『下』のみ発見し『上』はまた今度と諦め、帰路に付き、それから今までずっと読んでました(爆)
というか、あり得ない。
何があり得ないって、紺野が西尾維新の本を探すだけの為に往復三百円も払って遠く渋谷まで行く事が一番あり得ない。
しょーじき、いーちゃんがどれぐらい好きか、と聞かれたらちょっと言い淀んで、
「…………徳山諄一ぐらい」
と答えるぐらいの好きレベルなのですが(マイナ過ぎる……)、その評価を覆すぐらい、今作は面白い。というか、面白すぎる。
おかげで、いーちゃんの名前が紺野的ビッグネームと並んでしまいました。今度から、いーちゃんがどれぐらい好きか、と聞かれたら、
「んー、城平京ぐらいかな」
と答えることにします。それぐらい面白い。
と言うか、今作で紺野はいーちゃんの評価をかなり改めざるを得なかった訳なのですが、紺野は正直、いーちゃんはもうミステリィを書くことはないな、と思っていたのですよ。
でも、今作がかなり意外とミステリィしていたので、アイラヴミステリィ! な紺野としては言うこと無し。しかも、今作は個人的にいーちゃんの一番好ましいと思っている部分が前面に倍プッシュされているので本気で言うこと無し。と言うか、最高すぎ。このままでは、上半期ミステリィランキング一位は確定だよっ! それぐらい面白い。
と言っても、まだ『つばさキャット』の途中なのですが。
なのでまだ多くは語りませんが恐らく明日ぐらいから一週間ばかし、日記のタイトル、及び書き出しが『化物語』から来ることは確定的かと(爆)
ところで、先日の日記で意味もなくバカ丸出しでコピペしたので誤解されていると思いますが、個人的な最高の蕩れキャラは、

戦場ヶ原ではなく八九寺です。

そりゃもうたぶん間違いなく!!!(爆)
あんな友達マジ欲しい……ホントに家に持ち帰って毎日寝る前に三十分ぐらい雑談したいです(犯罪です)。
あと、神原みたいな後輩がマジ欲しいです。あんな通常の三倍ぐらい色々な属性を組み込まれた娘、見たことねえよ(爆)
戦場ヶ原は…………、、、まぁ、正直さ、あんな恋人いたら…………、、、

マジ羨ましいぜっ!!!(見境無しだな、オイ)

戦場ヶ原は戦場ヶ原で立派に蕩れキャラしてると思います。ある意味、一番楽しそうな人です(爆)
さて、現在、『つばさキャット』。これから先、羽川によるランキング上位切り込みはあり得るのか、非常に興味深いです。

と言うわけで、詳しい感想やらはまた後日。

P.S.
鼻風邪を引いてしまいました。ツライです。
時期的に花粉症じゃねえの、と言われるかも知れませんが紺野は生まれてこの方花粉症になったことがないので今回も単なる風邪だと思われます(爆)
花粉症というよりは、うふん症かな。
こう、鼻がむずむずしてさ、思わず、
「うっふ~ん♪」
って言っちゃう病気ね(それは、もはや精神病だろう)。
みんなも気をつけた方が良いよ、うふん症(どう気をつけるんだよっ)。
  1. 2007/03/20(火) 00:06:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「私は、クルル曹長になりたいわ」

「銅四十グラム、亜鉛二十五グラム、ニッケル十五グラム、照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで、私の暴言は練成されているわ」
「ほとんど悪意じゃねえかよ!」
「ちなみに照れ隠しというのは嘘よ」
「一番抜けちゃいけない要素が抜けちゃった!」

西尾維新『化物語 上』より



パクリっぽい書き出しというか、パクリそのものの書き出しでこんにちわ。
今更ながら西尾先生の化物語を読みましたー。
とりあえず色々あるけど、まずは一言!!!

戦場ヶ原ひたぎ、蕩れ!!!
もう1回言うぞ。
戦場ヶ原ひたぎ、蕩れっっっ!!!!!

二言じゃん、という突っ込みは置いておいて!!!
本の感想を書くのが久しぶりすぎて、何て言っていいのか分からないけど!!!
最高でした!!! 人類最高!!!
まさに西尾維新の 真 骨 頂 。 
オイラが西尾先生のこと、作家としてどこが好きかっていうと、ストーリーはもちろん面白いんだけど、何よりもキャラ作りが上手なところですよ。
あえて言おう。
西尾先生は、面白いキャラを作る天才であると。

そして化物語。
素晴らしいキャラの宝庫でした。
むしろ素晴らしいキャラのハーレムでした。
『春日井さんと子荻ちゃんと絵本さんがジェットストリームでアタックでやってきたみたいな!』と言えば、どれだけいいキャラが揃っているのか、戯言シリーズの読者の皆さんは分かってくれるのではないでしょうか。
出るキャラ出るキャラ皆好きなんだけど。皆素晴らしかったんだけど。
中でも、取り分け、最高だったのが、ツボに嵌ったのが……
戦場ヶ原ひたぎ。
名前からして只者ではない雰囲気だけど、名前はまあ割りと全員只者ではない雰囲気なんだけど、実際割りと全員只者ではないんだけど。
それはさておき、戦場ヶ原ひたぎ。
なんて言うか、ツンデレって凄い!!!
ごめんなさい。正直今までツンデレ馬鹿にしてました。
これはハマる。ハマるよなぁ。ハマるよねぇ。
まあ、自分で自分のことをツンデレと称し、周りの人からツンデレツンデレとツンデレ扱いされるツンデレというのは、初めて見たけど。
それにしてもツンデレ、奥が深い。
あれですよ、浅いツンデレはツンを乗り越えた後、ツン分がぐぐっと対消滅して、デレデレになるわけなのですが。
それは真のツンデレにあらず!!!

真のツンデレとは
ツンツンツンツンデレツンツンと見つけたり!!!

ツンは死なない!!!
何度でも……何度でも蘇る!!!

暴言暴言また暴言!!!


この辺が化物語を読んで、オイラが悟ったツンデレ道です。
本当に戦場ヶ原ひたぎ、ツンデレ・オブ・ジ・センチュリーをあげたいくらい、素晴らしいツンデレでした。
ただのサドかもしれませんが。
オイラがマゾなだけかもしれませんが。

というわけで大変満足出来ましたのよ化物語。
一日で何度も読み返していたりして。
あまりに面白かったので明日あたりバナさんに貸しに行こうと思います無理やり。
でわわ。


化物語(上) 化物語(上)
西尾 維新 (2006/11/01)
講談社
この商品の詳細を見る


化物語(下) 化物語(下)
西尾 維新 (2006/12/04)
講談社
この商品の詳細を見る
  1. 2007/03/17(土) 00:42:29|
  2. 感想三昧|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ラッタッタ

たんたら、らたらた、らったったー♪
たんたら、らたらた、らったったー♪
たんたら、らたらた、らったったー♪
たらたらたんたんたん♪

1、ホットケーキミックスに書いてある分量のタマゴと牛乳を、混ぜます。

2、ホットケーキミックスとココアを適当に振るって加え、さらに混ぜます。

3、炊飯器のお釜の内側に、サラダ油を塗ります。

4、お釜にタネを流し込んで、炊飯器のスイッチを入れます。

5、ちょこちょこ開けて、焼き加減を確認。焼けてなかったらスイッチを入れ直しましょう。

6、指で押して弾力があったら……
P3140631.jpg

完成!!!

飾りつけはご自由に。
焼きたてのうちにホイップクリームをかけてしまうと、ドロドロと溶けてくるので注意。

市販のケーキのようにフワフワはしていません。
モチモチとした手作りっぽさ溢れる食感です。
とても簡単なので一度お試しあれ。
  1. 2007/03/15(木) 00:57:05|
  2. クソコックのいきなりレシピ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。